サブスクご利用の注意事項

第1条 (総則)

  1. 本規約は、合同会社POMU(以下「当社」といいます。)がユーザーに対して、各種動画配信サポートの定期購入サービスを提供するにあたり、その諸条件を定めるものです。

  2. ユーザーは、当社のサブスク利用にあたって、本規約のほか、当社が別途定める細則、ルール、ガイドライン(以下、総称して「本規約等」といいます。)を遵守するものとします。

  3. ユーザは、第2条に定める当社のサブスク会員登録の際に本規約に同意の上、サブスクを利用するものとします。

第2条 (サブスク会員)

  1. 当社のサブスクの利用を希望する場合、ユーザーは、当社所定の方法で会員登録を行う必要があります。

  2. 前項のサブスク会員登録を行うためには、当社所定の方法で会員登録を行ってください。

第3条 (購入・お申込み)

  1. ユーザーは、各種技術サポートの購入を希望する場合、購入プラン(以下「プラン」といいます。)を選択のうえ、当社所定の方法で購入の申込を行うものとします。
    ユーザー・当社間における各種技術サポートのサブスク売買契約は、当社がユーザによる申込を承諾した時点で成立するものとします。

  2. 前項により成立したボックスの売買契約は、第7条に定める解約手続きが行われない限り、ユーザーが申込時に選択したプランの条件で自動更新されます。

  3. ユーザーは、前項の申込に際して、送付先住所その他お支払いに必要な情報を登録するものとします。
    ユーザーは、これらの情報について、真実の情報を登録するものとし、虚偽の情報を登録しないものとします。虚偽の情報を登録したことによってユーザーに生じた損害については、当社は一切責任を負いません。

第4条 (サービスの提供)

  1. 当社は、技術サポートのサブスク売買契約が成立したユーザーに対し、売買契約成立日の翌日からプランごとに定められる契約期間中、サービスを提供します。

  2. サポートサービスはユーザーからの依頼があった際、納期を伝え対応いたします。
    ​もし、サポートをご利用されなかった場合も、料金は発生いたします。

第5条 (お支払い)

  1. ユーザーは、第3条第1項の申込時にユーザーが選択したプランの条件に従い、当社所定の支払方法で、代金を支払うものとします。

第6条 (修正等について)

  1. 当社で提供する画像、動画、その他全ての制作物において修正のご依頼があった際、修正は3回までといたします。
    迅速かつ低価格にてサービスの提供を行うため、あまりにも制作物へのこだわりが強い方はサブスク契約を終了させていただきます。

第7条 (解約について)

  1. ユーザーは、契約期間月の1日 0:00から26日23:59までの解約受付期間中に当社問い合わせフォームより解約手続き行っていただくことで、動画配信サポートサービスを終了することができます。解約受付期間中に解約手続きが行われなかった場合、同プランの条件で売買契約が自動更新されます。

  2. 一度ユーザーからお支払いいただいたボックスの代金は、理由の如何を問わず返金されませんので、ご注意ください。

  3. 売買契約を解約したい場合には、当社の問い合わせフォームより、解約の旨をご連絡ください。

  4. 誤ってお申し込みをした際、弊社2営業日以内のキャンセルは可能です。

第8条 (知的財産について)

  1. 当社が提供する全てのコンテンツ(文章、画像、動画、その他のファイルを含みますが、これらに限られません。)の著作権は、当社または当該コンテンツの提供者に帰属し、日本の著作権法および著作権に関する国際条約等によって保護されています。当社は、当該コンテンツの無断転載を厳に禁止します。

第9条 (譲渡禁止)

  1. ユーザーは、当社のサブスク利用にかかる権利義務を第三者に譲渡してはなりません。
    当社が提供するサービスは、登録ユーザーの利用するコンテンツに限らせていただきます。

第10条 (免責事項)

  1. 天災地変、戦争、テロ、暴動、法令・規則の制定改廃、政府機関の介入または命令、伝染病、停電、通信回線やコンピュータ等の障害・システムメンテナンス等による中断・遅滞・中止・データの消失、データの不正アクセス、輸送機関の事故、労働争議、設備の事故等の不可抗力等により、当社サブスクの一部または全部が停止する場合にユーザーに生じた損害について、当社は一切責任を負いません。

  2. 本規約における当社の責任は合理的な努力をもって動画配信サポートサービスを運営することに限られるものとし、当社が提供する情報の正確性、最新性、有用性、信頼性、適法性、特定目的への適合性、第三者の権利を侵害していないことについて、保証するものではありません。

  3. 当社は、当社のウェブページ・サーバ・ドメインなどから送られるメール・コンテンツに、コンピュータウイルスなどの有害なものが含まれていないことについて、保証するものではありません。

  4. 当社は、ユーザーによる利用に関連して、ユーザに対する責任を負う場合には、当社の故意または重大な過失による場合を除き、ユーザに現実に生じた通常かつ直接の範囲の損害に限り、これを賠償するものとし、特別な事情から生じた損害(損害の発生を予見し、または、予見し得た場合を含みます。)については、責任を負わないものとします。
    また、当社は、損害を生じさせた取引にかかる代金相当額を上限として責任を負うものとします。

第11条 (サービス内容の変更)

  1. 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、当社のサブスクサービスの内容・条件(各プランの内容・条件を含みますが、これに限りません。)の変更を行うこと、またはサブスクの全部もしくは一部を終了することがあり、ユーザーはこれを予め承諾するものとします。当該変更または終了によって、代金支払い済のユーザーに不利益が生じる場合、当社は、当社の未履行部分にかかる代金をユーザに返金するものとします。

第12条 (規約の改定)

  1. 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、本規約の全部または一部を改定することができるものとし、ユーザーはこれを予め承諾するものとします。

  2. 本規約の改定は、当社が改定後の本規約を当社所定のウェブサイトに掲示したときに、その効力を生じるものとし、ユーザーが改定後にサブスクを利用した場合、ユーザーが改定後の本規約に同意したものとみなします。

第13条 (有効性)

  1. 本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該規定の無効部分以外の部分は有効とします。

  2. 本規約の規定の一部または全部が特定のユーザーとの関係で無効とされ、または取消された場合であっても、本規約はその他のユーザーとの関係では有効とします。

第14条 (準拠法・合意管轄裁判所)

  1. 規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、訴額に応じて、静岡地方裁判所浜松支部を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。